Samsungの第2四半期(4月〜6月)業績見通し〜前期比で売上と利益ともに横ばい - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Samsungの第2四半期(4月〜6月)業績見通し〜前期比で売上と利益ともに横ばい
2022年7月9日 00時15分

読了まで 216

Samsungの第2四半期(4月〜6月)業績見通し〜前期比で売上と利益ともに横ばい

Galaxy S22 series


 
Samsungは現地時間2022年7月8日、2022年第2四半期(4月〜6月)の業績見通しを発表、2022年第1四半期(1月〜3月)と比べて売上と営業利益ともに横ばいだったと伝えました。
 
なお第2四半期の業績発表は7月28日に行われる予定です。

前年同期比で伸長も、前年同期比で横ばい

Samsungの2022年第2四半期(4月〜6月)の売上高は76兆ウォン(約7兆9,400億円)~78兆ウォン(約8兆1,500億円)が見込まれており、2022年第1四半期(1月〜3月)の77兆7,800億ウォン(約8兆1,200億円)から横ばいとなる見通しです。
 
また、営業利益は13兆9,000億ウォン(約1兆4,500億円)~14兆1,000億ウォン(約1兆4,700億円)の見込みで、前四半期の14兆1200億から微減となります。
 
いずれも2021年第1四半期(1月〜3月)と比べて10%以上増加していますが、対前期比では成長が鈍化しています。

過剰在庫問題と噂、監査実施も

Samsungのスマートフォンを担当するMX事業部と家電製品事業部で構成されるデジタル製品(DX)部門は、今後の市場見通しが不透明な中で収益性の向上に重点をおくと述べています。
 
スマートフォンを担当するMX事業部について、想定以上の在庫を抱えていること、経営層による監査が行われていることが報告されていました。
 
MX事業部の2022年第2四半期(4月〜6月)の営業利益は対前期比で30%減、出荷台数は6,100万台で1,200万台減だったようです。
 


 
 
Source:DigiTimes
Photo:Galaxy Mobile
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる