世界初のRISC-VノートPC「ROMA」が予約開始〜SoCの無償アップグレード対応 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 世界初のRISC-VノートPC「ROMA」が予約開始〜SoCの無償アップグレード対応
2022年7月7日 12時04分

読了まで 27

世界初のRISC-VノートPC「ROMA」が予約開始〜SoCの無償アップグレード対応

RISC-VノートPC「ROMA」


 
今後x86アーキテクチャやArmアーキテクチャを置き換えていく可能性がある存在として注目を浴びるCPUアーキテクチャ、「RISC-V」をはじめてメインCPUに採用したノートPCの予約が開始されました。
 
ROMA」と名付けられたこのノートPCはほとんどのLinuxディストリビューションをサポートし、システム・オン・チップ(SoC)やシステム・オン・モジュール(SoM)の無償アップグレードに対応している点が特徴です。

初のRISC-VノートPC「ROMA」

RISC-VはCPUアーキテクチャの一種で、ライセンスフリーで利用できるのが特徴です。
 
利用にライセンス料が必要なIntelのx86アーキテクチャやArmアーキテクチャに取って変わるものとして注目を集め、GoogleはPixel 6シリーズの一部にRISC-Vアーキテクチャを採用し、AppleもRISC-Vに精通した人材を集めています
 
このRISC-VアーキテクチャをメインCPUに採用した世界初のノートPCである「ROMA」の予約が受け付け開始されました。

SoC/SoMの無償アップグレードに対応

現在発表されているROMAのスペックは以下のようになっています:
 

  • 4コアのRISC-V CPU(詳細不明)
  • セキュリティプロセッサ
  • 最大16GBのLPDDR4/LPDDR4X RAM
  • 最大256GBのストレージ
  • ほとんどLinuxディストリビューションをサポート

 
面白いのが、SoCおよびSoMの無償アップグレードに対応しているという点です。
 
いつ頃どのような形で提供されるかは不明ですが、アップグレードによって長期間にわたって使い続けられるかもしれません。
 
また、ROMAにはPoS、NFT、MetaMaskスタイルのウォレットが統合されており、メタバースやWeb3の開発者に最適とされています。
 
ROMAの価格は未発表ですが、XCALIBYTEのサイトで予約が受け付けられています。

 
 
Source: RISC-V International, XCALIBYTE via Notebookcheck
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる