Ofilm、Appleとのサプライヤー契約解除でスマホ以外の製品カテゴリに焦点 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Ofilm、Appleとのサプライヤー契約解除でスマホ以外の製品カテゴリに焦点
2022年7月6日 00時32分

読了まで 150

Ofilm、Appleとのサプライヤー契約解除でスマホ以外の製品カテゴリに焦点

ofilm


 
新疆ウイグル自治区での強制労働に関わっていたとして、Appleのサプライチェーンからの除外が報じられたカメラモジュールサプライヤーのOfilmですが、現在でもAppleからの発注が途絶えており、スマートフォン以外の製品カテゴリにフォーカスして生産を続けている、と台湾メディアDigiTimesが伝えています。

Appleのサプライチェーンから除外されたOfilm

iPhone12シリーズのカメラモジュールを供給していたOfilmは、以前から米商務省の人権侵害に関係している企業リスト11社に追加されており、新疆ウイグル自治区内での中国当局によるウイグル人の抑圧、集団レベルの恣意的な拘束、強制労働、強制的な生体データの収集と遺伝子解析に協力していると報じられていました。
 
いかなる強制労働や人権侵害も一切容認しないことをサプライヤー責任として掲げているAppleは、Ofilmとの取引を停止しており、同社は昨年7月〜9月期に純損失が拡大している、と伝えられていました。

現在でも除外は続いている模様

今回、DigiTimesが報じたところによれば、AppleがiPhone用レンズモジュールの発注を停止した後、Ofilmはビジネスの焦点をスマートフォン以外の光学アプリケーション、自動車用電子部品、およびセンシングモジュールにシフトしたとのことです。
 
Bloombergによると、Ofilmは中国の労働者派遣事業への関与について質問に答えておらず、コメントの要請にも応じなかったとのことです。
 
 
Source:DigiTimes, Bloomberg, Apple
Photo:Ofilm
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる