2022年にApple Watch Series 3を買わないほうが良い3つの理由 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 2022年にApple Watch Series 3を買わないほうが良い3つの理由
2022年6月28日 17時29分

読了まで 22

2022年にApple Watch Series 3を買わないほうが良い3つの理由

apple watch series 3


 
現在も販売されているApple Watch Series 3について、今同機を買うのを避けたほうが良い理由を、米メディアAppleInsiderがまとめています。

次期ソフトウェアはサポートされず

Appleが今年の世界開発者会議(WWDC22)でwatchOS9を発表しましたが、同ソフトウェアバージョンの動作環境はApple Watch Series 4以降となっており、Apple Watch Series 3は対象外となることが明らかになりました。
 
次期ソフトウェアでデバイスがサポートされないということは、販売自体が終了したのでは?とイベント後に公式Webサイトを多くの方が確認したかもしれません。幸か不幸か、Series 3の販売は継続されており、今でも購入可能となっています。
 
次期ソフトウェアでサポートされないだけでも、Series 3を今年購入するのは避けた方が良い理由になりますが、AppleInsiderいわく、同機最大の問題はストレージの少なさであるとのことです。
 
Apple Watch Series 3には8GBの内部ストレージしかなく、現行ソフトウェア・アップデートはかなり容量を圧迫するため、アップデートの際デバイスのペアリングを解除し、すべてのコンテンツを削除する必要があるそうです。
 
加えて、5年前に発売されたSeries 3には旧型プロセッサが搭載されており、ECG、転倒検出のような便利な機能は使用できません。

代わりにApple Watch SEを買ったほうが良い

Apple Watch SEのGPSモデルは32,800円(税込)で、Series 3よりも1万円割高ですが、今年買うならApple Watch SEのほうが良い、とAppleInsiderはコメントしています。
 
どうしてもSeries 3を買いたいという場合は中古モデルをおすすめする、と同メディアは投稿を締めくくっています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる