2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Samsung、防水性能に関して虚偽広告を行ったとして豪規制当局から多額の罰金

    samsung a52 a72

    samsung a52 a72
     
    2016年3月〜2018年10月の間、Samsungはスマートフォンの防水性能に関して虚偽の広告を行ったとして、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)から1,400万豪ドル(約13億1,500万円)の罰金を言い渡されました。

    多くの“デバイスが動かなくなった”との苦情が報告

    Reutersによれば、問題となっているのはSamsungGalaxyシリーズの防水性能に関する広告記載で、「プールや海の中でもデバイスを使用できる」かのような表現があったといいます。実際に、多くのユーザーから水に浸けた後デバイスが通常に動作しなくなったり、完全に動かなくなったりした事例が何百件もACCCに報告されているとのことです。
     
    「これらのGalaxy端末の重要なセールスポイントとして(防水性能が)宣伝されていた。デバイスを購入した多くの消費者は、新しい端末を購入する前に誤解を招く広告に接した可能性がある」と、ACCC委員長のジーナ・キャス=ゴットリーブ氏は述べています。

    Samsungはビーチやプールでの使用は控えるよう新たに記載

    Samsungの公式サイトには、「Galaxyのデバイスは防水ですか?」との質問ページがありますが、防塵と防液のための国際規格IP68は、「最大1.5メートルの淡水に最大30分間浸漬した場合の試験条件に基づいています。ビーチやプールでの使用はお勧めできません」と注意書きが加えられています。
     
    同ページには、IP68に対応したデバイスは、「Galaxy S20、S20+、S20 Ultra、Note10、Note10+、S10e、S10、S10+、Note9、S9、S9+、Note8、S8、S8+、S7、S7 edge」であるとも記されています。
     
     
    Source:Reuters, Samsung
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次