MacBookが修理用部品不足〜部品入荷まで一度持ち帰る事例も - iPhone Mania
トップページ > Mac > MacBookが修理用部品不足〜部品入荷まで一度持ち帰る事例も
2022年6月22日 21時36分

読了まで 140

MacBookが修理用部品不足〜部品入荷まで一度持ち帰る事例も

MacBook Pro


 
MacRumorsが、AppleはMacBook修理用部品不足に見舞われており、部品入荷まで長期化するケースでは、一度、ユーザーに返却される事例も出ていると伝えています。

修理用部品不足により、一度持ち帰る事例

新しい修理ポリシーが適用されるかどうかはサービスセンターの判断で行われるようです。
 
MacBookを修理に出した際に、修理用部品入荷まで長い待ち時間がかかる場合、ユーザーは修理品を預けるのではなく、一度持ち帰ることができるようです。
 
その後、修理用部品が入荷した段階でサービスセンターから連絡が届くことにより、ユーザーはそれから5日以内に改めて修理品をサービスセンターに送る必要があると、MacRumorsは説明しています。

部品によっては入荷まで2カ月待ち

一例として、16インチMacBook Proのディスプレイなど、地域によっては入荷まで最長2カ月かかっているとMacRumorsは述べています。
 
また、MacBook ProとMacBook Airの一部モデルのトップケース(バッテリー、キーボード、内部シャーシを含む)なども、入荷まで数週間かかることがあるようです。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる