iOS16でSMSのフィルタリングAPIにより多くのカテゴリが追加 - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS16でSMSのフィルタリングAPIにより多くのカテゴリが追加
2022年6月16日 17時39分

読了まで 151

iOS16でSMSのフィルタリングAPIにより多くのカテゴリが追加

sms


 
あまり知られていないかもしれませんが、iOSにはサードパーティーアプリがスパム電話やSMSを検出し、ユーザーに警告するためのAPIが設けられています。iOS16で、SMSのフィルタリングAPIがアップデートされ、「メッセージ」アプリのより多くのカテゴリがサポートされるようになっています。

12のサブカテゴリが追加

iOS11で導入されたSMSフィルタリングAPIは、スパムデータベースアプリをAppleの「メッセージ」アプリへと統合するものです。これにより、メッセージを受け取る度にスパムと判断された番号からのメッセージが自動的に別の受信ボックスに入れられるようになります。
 
今年の世界開発者会議(WWDC22)で発表されたiOS16で、スパムメッセージをより多くのカテゴリに振り分けることができるようになります。
 
iOS14では、スパムSMSのカテゴリに「迷惑」に加えて、「決済」と「プロモーション」が追加されました。これにより、銀行の決済を通知するSMSなどは自動的に「決済」フォルダに入るようになり、製品やサービスに関するメッセージは「プロモーション」フォルダに入るようになりました。
 
iOS16では、加えて12の新たなサブカテゴリがSMSフィルタリングAPIで利用可能となっています。
 

「決済」

  • ファイナンス
  • リマインダー
  • 注文
  • ヘルスケア
  • 公共サービス
  • 天気
  • キャリア
  • リワード(報酬)
  • その他

 

「プロモーション」

  • 割引情報
  • クーポン
  • その他

 

「迷惑」

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる