2022年6月15日16:49公開

読了まで 147

Apple、M1チップ非搭載のiPadでもステージマネージャを実際に試していた

ステージマネージャ


 
iPadOS16の新マルチタスキング機能「ステージマネージャ」は、M1チップ搭載モデルのみ限定となっていますが、ただ理論上M1チップが必要というだけでなく、実際にM1チップ非搭載のiPadでも機能を試していたという事実が明らかになりました。

フェデリギ氏とのインタビューで発覚

米メディアForbesのデビッド・フェラン氏がAppleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏に、「実際にM1チップ非搭載のiPadでもステージマネージャを試してみたことがあるかどうか」質問したところ、下記の回答が得られたとのことです。
 

プロトタイピングの一部をそれらのシステム(M1チップ非搭載のiPad)で開始しましたが、早い段階で、私たちが設計しようとしている体験を提供できないことが明らかになりました。新機能をなるべく多くのデバイスにもたらしたいとは思っていますが、ただ単に新機能を提供するだけでなく、未来に向けてその機能にとっての最高の基盤を作らなければなりません。そのためには、M1チップベースであることが必要なのです。

 
フェデリギ氏は、TechCrunchのインタビューでステージマネージャにM1チップが必要な理由をより詳しく解説しています。同氏いわく、最大8つのアプリが即座に応答できるようにしつつ、かつ十分なメモリ容量を保つことが求められており、これはM1チップ非搭載のiPadにはない能力である、とのことです。
 
 
Source:Forbes via MacRumors
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる