ジョブズ氏がサインした9.18ドルの小切手、オークションで2万5千ドル超で落札見込み

    ジョブズ 小切手

    ジョブズ 小切手
     
    Apple共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏のサインが入った小切手が、現在競売にかけられており、すでに10,000ドル(約134万円)以上の価格に達しています。小切手は1976年7月23日付けで、支払金額は9.18ドルと記載されています。

    ジョブズ家のガレージ拠点時代の住所

    RR Auctionは、動作確認済みのスティーブ・ウォズニアック氏のサイン入りApple-1コンピュータや、ジョブズ氏の名刺などの希少価値の高いApple関連商品を取り扱ってきたオークションハウスです。今回の小切手も、RR Auctionからの出品となっています。
     
    タイプライターで記入された、Apple Computerの小切手は、“スティーブン”・ジョブズのサインが入っており、支払先はTektronixとなっており。
     
    小切手の住所には、Appleの最初の公式住所である「770 Welch Rd., Ste. 154, Palo Alto」が使用されており、この場所はジョブズ家のガレージで活動していたときのものです。
     
    小切手の支払額は9ドル18セントとなっていますが、オークションでの落札価格は25,000ドルを超えるとみられています。
     
     
    Source:RR Auction via AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次