2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS16でApple Watchがなくてもフィットネスアプリの利用が可能に

    watchOS9 WWDC22_6

    watchOS9 WWDC22_6
     
    これまでAppleのフィットネスアプリは、Apple WatchとペアリングされたiPhoneでのみ利用可能でしたが、iOS16で、Apple Watchを持っていなくてもフィットネスアプリをアクティビティ追跡ツールとして利用できるようになります。

    Apple Watchがなくても、フィットネスアプリの利用が可能に

    iOS16ではApple Watchを持っていないユーザーでも、フィットネスアプリで毎日の運動目標を設定し、目標達成までの進捗を確認することができます。iPhoneのモーションセンサーを使って、歩数、移動距離、他社製のアプリからのワークアウトを追跡でき、それらアクティビティの消費カロリーの目安を表示します。
     
    アップデートされたフィットネスアプリは、Apple Watchユーザーに提供されているアプリとほぼ同じに見えます。ただし、「Fitness+」タブはApple Watchのみの機能となり、「スタンド」や「エクササイズ」のリングも表示されません。
     
    なおAppleは、世界開発者会議(WWDC22)でwatchOS9の新機能を発表しています。
     
     
    Source:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次