watchOS9はランナーの最強の味方になる!フォーム改善支援機能も - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > watchOS9はランナーの最強の味方になる!フォーム改善支援機能も
2022年6月7日 06時49分

読了まで 155

watchOS9はランナーの最強の味方になる!フォーム改善支援機能も

watchOS9


 
この秋に正式版がリリースされるwatchOS9では、ランナーにうれしい機能が複数追加されることがわかりました。

ランニングフォーム指標が導入

趣味で走る人も、そして真剣に走る人ならなおさら、「いかに疲れずに効率よく、速く走るか」は大きな課題です。その実現に不可欠なのが正しいフォームですが、watchOS9には新たに「ランニングフォーム指標」として、3つのデータが測定、表示できるようになります。
 
Appleによると、Apple Watchが搭載するジャイロセンサーや加速度計などを利用して、ユーザーの「歩幅の長さ」、足裏の地面への「設置時間」、胴体の動きの抽出による「上下動」データを収集、「ランニングフォーム指標」としてワークアウト表示に追加可能になるとのことです。
 
これらの指標はフィットネスアプリの概要としてヘルスケアアプリに表示されるので、ユーザーは自分の癖を把握、フォームの改善に役立てることが出来ます。

心拍数範囲で自分の心拍数を管理

また「心拍数範囲」を設定しておくと、ランニング中に心拍数が設定範囲を超えると休憩が促され、心拍数が下がるとランニングを再開するよう通知されるので、これまでのように走りながら心拍数を確認しなくてもよくなります。
 
同じコースを頻繁に走る人なら、前回の記録(または自己ベストタイム)のどちらかを選んで競争でき、それらのペースより速い、または遅れている場合やコースから外れている場合は、ランニング中に通知を受け取ることができるので、走る時のモチベーションアップにつながります。
 
watchOS9
 
watchOS9のこれらの機能は、ランニングはもちろん、ハイキングやサイクリング、高強度インターバルトレーニング(HIIT)などにも使えます。
 
 
Source:Apple
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる