2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    M1の性能をさらに高めた新Appleシリコン「M2」が発表

    M2

    M2
     
    Appleは世界開発者会議(WWDC22)の初日となる現地時間6月6日、新しいAppleシリコン「M2」を発表しました。
     
    M2は新型MacBook Airとアップデートされた13インチMacBook Proに搭載されています。

    200億個のトランジスタで構成

    M2
     
    M2は第2世代の5ナノメートル(nm)プロセスで製造、M1よりも25%多い200億個のトランジスタで構成されています。トランジスタ増により、メモリコントローラはM1よりも50%高い100GM/sのユニファイドメモリ帯域を実現、ユニファイドメモリは最大24GBとなっています。
     
    CPUは高性能コア4個、高効率コア4個とM1と同じ構成ですが、キャッシュの増加などで性能アップ、マルチスレッド性能はM1よりも18%向上しています。
     
    M2

    GPUは最大10コアに

    一方GPUは、M1よりも2つ多い最大10コアを搭載。キャッシュの増大とメモリ帯域幅の拡大により、同じ電力レベルでM1より最大25%高いグラフィック性能と、最大電力レベルで最大35%高いパフォーマンスを実現します。
     
    m2
     
    M2チップは、新型MacBook Airと13インチMacBook Proに搭載されます。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次