Apple、ミニバン型EV開発企業を買収する可能性〜人材確保が目的? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、ミニバン型EV開発企業を買収する可能性〜人材確保が目的?
2022年5月17日 15時42分

読了まで 156

Apple、ミニバン型EV開発企業を買収する可能性〜人材確保が目的?

canoo


 
Lifestytle Vehicle(ライフスタイルビークル)などで知られる米ロサンゼルス拠点のEV企業Canooが経営不振に陥っており、Appleが買収する可能性がある、とAppleの内部事情に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏が述べています。

後部座席はリムジンスタイルなのが特徴

Canooのフラッグシップモデルとも言えるLifestytle Vehicleは、 後部座席がリムジン仕様になっている7人掛けのシートが特徴です。Canooは同モデルを2022年末までに40,000ドル(約517万円)以下で発売する予定でしたが、資金繰りに苦労しており、買収の噂が持ち上がっています。
 
canoo
 
Apple Carも同様のミニバン型であるとの噂があり、Appleが興味を持つのも無理ないと思われるかもしれませんが、事情を良く知る人物いわく、もし仮にAppleがCanooを買収するとしても人材確保が主な目的であるとのことです。

経営不振に陥った企業をAppleが買収した例は過去にも

2019年、Appleは自動運転車関連の人材を確保するためDrive.aiという企業を買収しました。同企業もCanooと同じく経営不振に陥っていたところ、Appleに拾われた形となり、獲得された人材は今ではApple Carプロジェクトの中核をなしています。
 
ここ数カ月、Appleは自動車関連の人材確保にさらに力を入れており、Canooを買収してもおかしくない、とガーマン氏はコメントしています。
 
Canooの買収により、Appleは自動車の内装・外装、ソフトウェア、自動車製造、ドライブトレイン、バッテリー技術、その他の自動車部品に精通した人材を雇い入れることができるとのことです。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Canoo
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる