2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、iOS15.5とmacOS 12.4で大量の脆弱性を修正

    macOS12.4

    macOS12.4
     
    Appleは、現地時間5月16日にリリースしたiOS15.5macOS Monterey 12.4において、大量のセキュリティ修正を行っていることがわかりました。
     
    ユーザーはできるだけ早く、最新版OSへとアップデートすることをお勧めします。

    macOS Monterey 12.4では50以上の脆弱性が修正

    iOS15.5では約30、macOS 12.4に至っては50を超えるセキュリティ修正が行われています。
     
    今回修正されたiOS15.5およびmacOS Monterey 12.4の脆弱性の多くは、「悪意のあるアプリケーションにカーネル情報を取得され、任意のコードを実行される可能性がある」というものです。
     
    このほかiOSにおいては「攻撃者が遠隔で、予期せぬアプリケーションの終了や任意のコードの実行を行える可能性がある」という脆弱性も修正されています。
     
    またMacのみとしては「写真の撮影場所の情報を、プレビューインスペクターで削除しても残ってしまう問題」が修正された模様です。

    日本語版は現時点では未公開

    Appleは「Appleセキュリティアップデート」のページ(リンクは下記のSourceにあり)において、内容の詳細を説明していますので、詳しくはそちらを参照してください。
     
    なお現時点では日本語版の内容説明はまだ公開されていませんが、追って公開されるものと思われます。

     
     
    Source:Appleセキュリティアップデート(英語), Appleセキュリティアップデート(日本語) via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次