ソニーのイメージセンサーシェアが微減、Samsungが中低価格帯でシェア増加 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 Pro > ソニーのイメージセンサーシェアが微減、Samsungが中低価格帯でシェア増加
2022年5月10日 22時30分

読了まで 145

ソニーのイメージセンサーシェアが微減、Samsungが中低価格帯でシェア増加

iPhone14 Galaxy S23 Ultra TL


 
韓国メディアET Newsが、2021年におけるソニーイメージセンサーの市場シェアが2020年比で1.3%減少、Samsungのシェアが増加したと報じました。

ソニーのシェア微減も、43%を占める

市場調査会社TSRによれば、2021年におけるカメラ用イメージセンサーの市場シェアは、首位のソニーが43%、2位のSamsungが19.7%、3位のOmniVisionが14.1%だったとのことです。
 
このうち、2位のSamsungは2020年比で0.8%、3位のOmniVisionは2020年比で2%、それぞれ市場シェアが増加しました。
 
Samsung製イメージセンサーは、中低価格帯のスマートフォンでの採用がシェア増加に繋がっており、自社製品に加えてVivo、Oppo、Xiaomiのスマートフォンに5,000万画素イメージセンサーが搭載されたのが主な要因とET Newsは述べています。

iPhone14 Proにソニー製4,800万画素イメージセンサー搭載と噂

iPhone14 Proシリーズには、ソニー製の4,800万画素イメージセンサーが搭載されると噂されています。
 
一方、Galaxy S23 Ultraには、Samsung製の2億画素イメージセンサーが搭載されると期待されています。
 
 
Source:ET News
Photo:Tech Limited(@TechLimitedOne)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる