iPhone14 Pro用A16が量産開始、15用A17は3nmプロセスで製造か

    iPhone14 14 pro AH 0429

    iPhone14 14 pro AH 0429
     
    iPhone14 Proシリーズ用A16の量産が開始されたと、IT之家が報じました。同メディアは、A16の構成も伝えています。

    A16もGPUコア数の異なる2種類がある?

    IT之家によれば、iPhone14 Proシリーズ用A16はTSMCの4nmプロセス「N4P」で製造されており、少数ながら出荷が始まっているようです。
     
    同メディアは、iPhone14 ProシリーズにはA16が搭載されるが、iPhone14およびiPhone14 Maxには引き続きA15 Bionicが搭載されると述べています。
     
    IT之家はA16について、CPUコア数は2つの高性能コアと4つの高効率コアを組み合わせた6コアで、16コア以上のニューラルエンジンを搭載、GPUコア数は4コアと5コアの2種類があると述べています。
     
    同メディアの報道通り、iPhone14とiPhone14 Maxには搭載しないにも関わらず、A16に2つの仕様があるのであれば、iPad mini(第6世代)の後継モデルに搭載するか、もしくは別のモデルに将来的に搭載するのか、何らかの使い分けが行われると予想されます。

    iPhone15用A17は設計完了

    IT之家はまた、iPhone15シリーズに搭載されるA17についても伝えており、同チップの設計は完了しており、2023年第2四半期(4月〜6月)以降に、TSMCの3nmプロセスで量産が開始されると予想しています。
     
     
    Source:IT之家
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次