米政府機関、大統領令に基づきiOSのサイドロード禁止など調査へ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 米政府機関、大統領令に基づきiOSのサイドロード禁止など調査へ
2022年4月30日 02時08分

読了まで 20

米政府機関、大統領令に基づきiOSのサイドロード禁止など調査へ

Apple store フリー素材


 
AppleやGoogleといった一部テック企業がプラットフォームを独占的に支配することで、インターネット上の競争を不当に歪めている疑惑があるとして、米国商務省電気通信情報局(NTIA)が、モバイルアプリのエコシステム調査に乗り出しました。

「力で市場の門戸を閉ざしている」

この調査は、バイデン大統領が発した「アメリカ経済における競争促進に対する大統領令」に基づくもので、競争の改善や参入障壁の低減などが目指されています。
 

アメリカの情報技術分野は長きに渡り、革新と成長の動力源であり続けてきた。ところが今日、ごく少数のインターネット・プラットフォームが力で市場の門戸を閉ざしている。独占的な利益をせしめ、プライバシーに関わる個人情報を抜き出して、自分たちに有利になるよう利用しているのだ。市場経済において、あまりに多くの中小企業が生き残りを賭け、こうしたプラットフォームや僅かなオンライン市場に依存している。

Appleを対象とした質問も用意

この大統領令の先にある企業が、GAFA(Google、Apple、Facebook(Meta)、Amazon)であることは論を俟たないでしょう。
 
ニュースサイトMacRumorsによると、すでに正式な意見募集において、iOSがどのように利用されているかの質問が用意されているそうです。とくにユーザーや開発者がApp Store以外からアプリをダウンロード(サイドロード)できない問題については、米国のみならず各国当局が目を光らせているだけに、今回の調査でも大きな焦点となりそうです。
 
なお、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「政策立案者は競争の名の下に、Appleにサイドローディングと呼ばれるプロセスでApp Storeを迂回し、アプリをiPhoneに入れられるよう強制する措置を取ろうとしている」とし、ユーザーのプライバシーが損なわれる危険性を強調しています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる