Google Play、プライバシー保護の為の「データセーフティセクション」導入開始 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Google Play、プライバシー保護の為の「データセーフティセクション」導入開始
2022年4月27日 09時06分

読了まで 149

Google Play、プライバシー保護の為の「データセーフティセクション」導入開始

Google Play データセーフティセクション


 
Googleは現地時間4月26日、Appleのプライバシーラベルに続き、Google Playのユーザーに対し、アプリが収集するデータに関してより多くの情報を提供することを開発者に義務付ける「データセーフティセクション」を導入したことを発表しました。

7月20日までに申告が必要

Googleは2021年5月、初めて「データセーフティセクション」を発表しました。これは、アプリがどのようにユーザーのデータを収集、共有、保護するかについての情報を提供するよう開発者に義務付けるものです。
 
開発者は、以下の情報を提供する必要があります。
 

  • データを収集しているかどうか、及びその目的。
  • サードパーティーとデータを共有しているかどうか。
  • アプリのセキュリティ方針(転送中のデータの暗号化、データの削除をリクエストできる手段をユーザーに提供しているかなど)。
  • 対象となるアプリが、ストア上で子どもをより適切に保護するため、Google Playのファミリーポリシーを遵守しているか。
  • セキュリティ方針を、国際的セキュリティ基準(具体的にはMASVS)に照らして検証しているか。

 
これらの情報を利用することで、ユーザーはアプリのインストールを決める際に、より多くの情報に基づいて選択できるようになります。
 
Googleによると、既に「データセーフティセクション」は導入されており、全ての開発者は7月20日までにアプリのこのセクションを完成させる必要があるとのことです。
 
 
Source:Google via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる