Apple、再生素材の利用が増加したと発表〜昨年製品の20%を再生素材でカバー - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、再生素材の利用が増加したと発表〜昨年製品の20%を再生素材でカバー
2022年4月22日 22時08分

読了まで 221

Apple、再生素材の利用が増加したと発表〜昨年製品の20%を再生素材でカバー

apple リサイクル


 
Appleは現地時間4月19日、製品全体にわたる再生素材の利用の増加に関する新たなデータを明らかにしました。認定取得済みの再生金を初めて導入するなど、新たな試みも行っており、2021年にApple製品に使用された全素材のうち約20%を再生素材でまかなったとのことです。

Appleが2021年に達成したこととは?

製品のリサイクル素材の使用状況に関して、Appleは2021年に以下のことを達成したと発表しました。
 

  • 認定取得済みの再生希土類元素を45パーセント使用
  • Appleがそのデバイスに再生希土類元素を導入して以来の大幅な増加となりました。
     

  • 認定取得済みの再生スズを30パーセント使用
  • 新しいiPhone、iPad、AirPods、Macのデバイスはすべて、メインロジックボードのはんだ付けに100パーセント再生スズを使用しています。
     

  • 認定取得済みの再生コバルトを13パーセント使用
  • AppleのリサイクルロボットDaisyによって分解して市場に戻すことができる、iPhoneのバッテリーに使用されています。
     

  • 認定取得済みの再生金を使用
  • iPhone13とiPhone13 Proのメインロジックボードのメッキおよび前面のカメラと背面のカメラのワイヤに、Apple製品で初めて導入されました。このマイルストーンを達成するため、Appleは他社に先駆けて業界トップレベルのトレーサビリティを導入し、再生素材だけの金のサプライチェーンを構築しました。

パッケージでのプラスチック使用はわずか4%

Appleは上記以外にも、2021年に出荷した製品中に含まれる全アルミニウムのうち59%が再生素材由来であり、多くの製品は筐体に100%再生アルミニウムを使用していることなども明らかにしています。
 
また、2025年までにパッケージからプラスチックをなくすという目標に向けて大きく前進し、2021年はパッケージでのプラスチックの使用はわずか4%で、2015年以来、プラスチックを75%削減することに成功したとのことです。

iPhone分解ロボットDaisyの能力も拡大

Appleは、特許取得済みのiPhone分解ロボットDaisyの能力を拡大し、23のiPhoneモデルを分解できるようにしたほか、それらの特許を他の企業や研究機関に無料でライセンス供与している、とも述べています。
 
加えて、最新のリサイクルイノベーションであるTazも発表されました。Tazとは、破砕機に似た新しいテクノロジーを用いてオーディオモジュールから磁石を分離し、より多くの希土類元素を回収する装置であるとのことです。
 
apple リサイクル
 
 
Source:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる