Android、3年半でシェアを約8%ポイント落とす~iOSは約6%ポイント増 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Android、3年半でシェアを約8%ポイント落とす~iOSは約6%ポイント増
2022年4月22日 08時17分

読了まで 21

Android、3年半でシェアを約8%ポイント落とす~iOSは約6%ポイント増

Androidの画像


 
スマートフォン用のOSはGoogleのAndroidとAppleのiOSの2つで市場をほぼ独占していますが、ここ3年ほどでAndroidが大きくシェアを落としたようです。
 
2018年から2021年の間にAndroidは約8%ポイントシェアを落としたという統計が発表されました。

iOSにシェアを奪われたAndroid

StockAppsが調査会社のStatistaのデータを引用して伝えたところによると、Androidは過去最高のシェアを記録した2018年7月(77.32%)に対し、2022年1月は69.74%と、3年半で7.58%ポイントシェアを落としました
 
スマホ向けOSのシェア推移
 
これに対しiOSは19.4%から24.49%にシェアを伸ばしています
 
StockAppsはこの原因として、スマートフォン市場での競争の激化が原因としています。
 
Appleは5G通信対応のiPhone12シリーズやiPhone13シリーズが好調でした。
 
ただ、Androidはオープンソースというアドバンテージや、搭載スマートフォンが手頃な価格であることから、何か特別なことがない限りAndroidのシェアをiOSが上回ることはないだろうとStockAppsは考えています。

地域ごとに異なるOSのシェア

スマートフォン向けOSのシェアは地域ごとに傾向が異なります。
 
たとえばアフリカでは84%がAndroidでiOSは約14%しかシェアがありません。
 
また、アジアではAndroidが81%でiOSは18%、南米では90%と10%です。
 
これに対し、北米とオセアニアではiOSが54%と優勢で、ヨーロッパでもiOSが30%のシェアを持っています。
 
StatCounterによると日本ではiOSが70%近いシェアを持つとされ、今回の世界的な統計とは真逆です。

 
 
Source: StockApps via Gizchina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる