Qualcomm、2021年のベースバンドチップ市場で過半数の収益シェアを獲得 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Qualcomm、2021年のベースバンドチップ市場で過半数の収益シェアを獲得
2022年4月15日 07時51分

読了まで 25

Qualcomm、2021年のベースバンドチップ市場で過半数の収益シェアを獲得

5Gスマホの画像


 
2021年の通信機器向けベースバンドチップ市場は、5G通信対応製品の収益が大きく伸びました。
 
そのなかでQualcommが過半数の収益シェアを獲得しています。

5G通信対応製品の収益が71%伸びた2021年

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年のベースバンドチップ市場の売上げは前年比約20%増の314億ドル(約4兆円)でした。
 
特に5G通信対応製品の成長が著しく、前年比で71%成長したとのことです。
 
この結果、全ベースバンドチップに占める5G通信対応製品の割合は3分の2に達しました。

Qualcommが55.7%のシェアを獲得

メーカー別ではQualcommが55.7%の収益シェアを獲得し、他社に大きな差を付けました。
 
2021年の通信機器向けベースバンドチップ市場の収益シェア
 
QualcommのX60モデムiPhone13シリーズに搭載されており、iPhone13の販売が好調であったためQualcommはその恩恵を受けています
 
また、Androidスマートフォン向けでも好調であったほか、タブレット、自動車、IoTといったスマートフォン以外の分野でも存在感を発揮したとのことです。
 
ただ、Appleはベースバンドチップを自社開発のものに切り替える方針であり、Appleが自社製品を採用するといわれる2023年以降はシェアを落とすかもしれません。
 
2位のMediaTekもDimensityシリーズやHelioシリーズのおかげでシェアを伸ばしました。
 
特に5G対応製品は前年比で出荷台数が3倍以上に増え、その結果平均販売価格が大きく上昇しました。
 
特にローエンドからミドルレンジのスマートフォンで大きなシェアを獲得したとのことです。
 
5G通信対応端末の普及はまだ初期段階であり、5G通信対応ベースバンドチップ市場は今後も成長を続けるとStrategy Analyticsは予想しています。

 
 
Source: Strategy Analtyics
Photo: Pixabay
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる