Galaxy S22シリーズが韓国で販売台数減少〜ベンチマーク操作問題が原因か - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Galaxy S22シリーズが韓国で販売台数減少〜ベンチマーク操作問題が原因か
2022年4月5日 07時00分

読了まで 158

Galaxy S22シリーズが韓国で販売台数減少〜ベンチマーク操作問題が原因か

Galaxy S22 series


 
ベンチマークアプリでの性能操作問題により、Galaxy S22シリーズの韓国における販売台数が減少しているとThe Korea Timesが報じました。

販売価格が発売直後の半額に

ゲームプレイ時の発熱を抑えるため、Galaxy S22シリーズにおいてユーザーへの告知なく搭載されていたGame Optimizing Service(略:GOS、ゲーム最適化サービス)により批判を浴びたことで、SamsungはGOSをユーザー自身が無効化できる機能を提供し始めたようです。
 
本件に関しEugene Investment & Securitiesのアナリスト、イ・スンウ氏は、GOS論争GalaxyとSamsungブランドの信頼性に大きな傷跡を残したと述べています。
 
韓国では、Galaxy S22シリーズの販売補助金が410ドル(約5万円)に引き上げられ、販売価格は発売時の半額以下に下がったようです。
 
補助金が増額されたのは、GOS論争に起因する販売不振から脱却するための可能性があるとThe Korea Timesは伝えています。

補助金増額とGOS論争は無関係との意見も

Samsungの広報担当者はThe Korea Timesに対し、「補助金の支給額は、当社と携帯キャリアが協議して一緒に決めたものです。現在、端末市場は全般的に厳しい状況にあるため、それを補うために4月1日から補助金の引き上げを行いました」と述べています。
 
また、韓国のキャリア関係者は、「GOS論争がGalaxy S22シリーズの販売に悪影響を及ぼしたとの意見があるが、ゲームを行わないユーザーからの需要もある」とし、同モデルの販売が減少しているとの見方を否定しています。
 
 
Source:The Korea Times via Wccftech
Photo:Galaxy Mobile
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる