Web開発者、iOSでWebKit以外のブラウザエンジンの使用を認めるよう懇願 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Web開発者、iOSでWebKit以外のブラウザエンジンの使用を認めるよう懇願
2022年3月2日 21時52分

読了まで 23

Web開発者、iOSでWebKit以外のブラウザエンジンの使用を認めるよう懇願

safari webkit


 
iOSでは、Safariの基礎を成すWebKitブラウザエンジンがすべてのブラウザに使用されていますが、Safariにしか開かれていない機能があることが反競争的であるとして、他のブラウザエンジンの使用を求める声が高まっています。

どのブラウザを使っていてもSafariを使用している状態

Web開発者のグループが“Open Web Advocacy”というプロジェクトを起ち上げ、iOSをサードパーティーブラウザエンジンに開放するようAppleに求めています。
 
あまり知られていないかもしれませんが、iOSはWebKitエンジンに依存しているため、見かけ上は他のブラウザを使用していても、実際にはSafariを使っているのと変わらない状態となっています。
 
これに対して、Open Web Advocacyは以下の声明を発表しています。
 

このグループの目的は、iOSに他のブラウザエンジンを許可する必要があることをAppleに認めさせることで、iOSをモダンWeb用の開発プラットフォームとしてより良いものにすることです。

Safariだけに限られた機能があるのが問題

Open Web AdvocacyがThe Registerに語ったところによれば、アプリはWebKitの使用を強制されているにも関わらず、Safariのみに限定されている機能があるのが問題とのことです。
 
例えば、フルスクリーン機能はサードパーティーブラウザでフルに使用することができず、Apple Payが動作するのはSafariだけです。また、Webアプリはフルスクリーンモードが利用不可で、サードパーティーブラウザはWebアプリをホーム画面に加えることができません。加えて、Web NFCやその他のAPIもiOS WebKitに欠如しているとのことです。
 
グループは英国の競争・市場庁(CMA)に訴えかけることで、Appleにポリシー変更を迫る考えのようです。
 
 
Source:The Register via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる