Twitter、ロシア関連メディアへのリンクを含むツイートに注意喚起のラベル付け開始

twitter ロゴ

twitter ロゴ
 
TwitterのSite Integrity担当ディレクターを務めるヨエル・ロス氏は現地時間2月28日、ロシア政府関連メディアのWebサイトへのリンクを含むツイートに注意喚起のラベル付けを開始し、関連コンテンツのTwitter上での流れを大幅に減らす措置を取ったことを自身のツイートで発表しました。

ロシア政府関連メディアにラベル付けを開始

この対応は、ロシア政府がウクライナへの侵攻を続けていることを受けてのことです。ロス氏はこのツイート上で、ロシア政府の支援を受け侵攻が始まる前から誤報を流していたことで知られる報道機関へのリツイートに関して触れています。なお、今後数週間のうちに、他の国家関連メディアのコンテンツにもラベル付けされるとのことです。
 
またTwitterは先日、ウクライナとロシアにおける広告の掲示を一時的に停止することも発表しています。
 

ウクライナ、Appleにロシアでの製品の販売停止を要請

ロシア政府のウクライナへの侵攻を踏まえ、Appleは現地の人道的活動を支援するとしていますが、制裁の影響でロシアではApple Payが利用不可となっています。また、ウクライナは同社に対し、App Storeを含むロシアでの製品の販売やサービスの停止を要請しています。
 


 
 
Source:Yoel Roth/Twitter via iMore
(m7000)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

特集

目次