Apple、ウェアラブル血圧計に関する新たな特許を出願 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、ウェアラブル血圧計に関する新たな特許を出願
2022年2月25日 08時00分

読了まで 152

Apple、ウェアラブル血圧計に関する新たな特許を出願

Apple Watch hallo heart


 
米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年2月24日、Appleが出願していたウェアラブル血圧計に関する特許を公開しました。

カフを使用するウェアラブル血圧計

Patently Appleは、血圧計に関するAppleの特許出願は今回で7件目と述べています。
 
Appleが新たに出願した特許に記されたウェアラブル血圧計はカフ(空気袋)を用いるもので、センサー式とは異なります。
 
今回の特許は、血圧計に搭載する圧電素子(ピエゾ素子)に関するものです。

ピエゾ素子の配置は?

下記図表1には、上腕部(103)にウェアラブル血圧計(110)を装着した状態が描かれています。ウェアラブル血圧計は、血圧測定時に拡張・収縮するカフ(105)と制御装置(120)で構成されています。
 
制御装置にはディスプレイが搭載されていないことから、測定結果の表示にはペアリングしたApple WatchやiPhoneを用いることになると思われます。
 
図表2には、圧電素子の搭載位置(140)が描かれています。
 
Apple Patent BP monitor 20220225_1
 
血圧測定時には、圧電素子が動脈血流を検知することで、拡張期血圧、収縮期血圧が測定され、平均血圧が求められることが図表3で説明されています。
 
圧電素子はカフの内側に複数搭載される(740a〜740d)ことが、図表7から確認できます。これにより、上腕動脈の位置に左右されることなく、安定した測定を行うことが可能になると推察されます。
 
Apple Patent BP monitor 20220225_2
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:Hello Heart
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる