折りたたみスマホの普及進む〜使い勝手などに独自性が必要と指摘 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 折りたたみスマホの普及進む〜使い勝手などに独自性が必要と指摘
2022年2月20日 12時21分

読了まで 159

折りたたみスマホの普及進む〜使い勝手などに独自性が必要と指摘

iPhone Fold AH


 
台湾メディアDigiTimesが、折りたたみスマートフォン出荷台数を予測しています。DigiTimesは、「折りたたみスマートフォンの出荷台数は年々増加しているが、今後の課題は折りたたみスマートフォンならではの使い勝手だ」と指摘しています。

市場拡大が続く、折りたたみスマートフォン市場

折りたたみスマートフォン出荷台数についてDigiTimesは、2020年実績が300万台弱、2021年実績が900万台、2022年は1,900万台に達する可能性があると予測しています。
 
もっとも、スマートフォンの年間平均出荷台数14億台と比較すると、2022年の販売予測台数である1,900万台でも、スマートフォン市場全体に占める割合は1%強に過ぎないとDigiTimesは指摘しています。
 
現在、この市場の90%以上をSamsungの折りたたみスマートフォンが占めていますが、Xiaomi、Vivo、OPPOも新型折りたたみスマートフォンを発表、競争が激化するとみられています。
 
また、GoogleAppleも折りたたみスマートフォン市場に参入すると噂されています。

折りたたみスマホ専用アプリやサービス提供が必要と指摘

折りたたみスマートフォンの普及には、折りたたみであることの価値をユーザーに提供できるかが鍵になりそうです。
 
DigiTimesは、折りたたみスマートフォンを使用中のユーザーにおいて、メインディスプレイではなくカバーディスプレイの使用頻度が高いという意見があったと述べています。
 
同メディアは、ベンダーが折りたたみスマートフォンに適したサービスやアプリを提供してユーザー体験を向上させることができれば、多くのユーザーが折りたたみスマートフォンへの乗り換えを検討すると予想しています。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる