トップページ > iPhone14 > iPhone14 Proでノッチが消失するならスペースを有効活用してもらいたい
2022年1月14日 14時20分

読了まで 23

iPhone14 Proでノッチが消失するならスペースを有効活用してもらいたい

iphone14 pro


 
次期iPhoneのProモデルで、ノッチからピル(カプセル剤)型パンチホールへの移行が噂されていますが、もし実現した場合、バッテリー残量のパーセント表示を復活させてほしい、との声が上がっています。

iPhone13ではバッテリー残量のパーセント表示は不可

最新機のiPhone13のホーム画面では、バッテリー残量はアイコンのみの表示となっており、具体的なパーセント数値を見ることはできません。
 
ウィジェットの活用、コントロールセンターでの確認など、バッテリー残量のパーセントを知る方法はあるにはありますが、パッと見でわかる状態が望ましいと感じているユーザーが相当数いるようです。

画面上部のスペースが増大か

ディスプレイアナリスト、ロス・ヤング氏の情報から、iPhone14 Proにはピル型パンチホール自撮りカメラが搭載される可能性が濃厚となりましたが、もしこれが画面上部のスペース増大を意味する場合、バッテリー残量のパーセント表示が復活するのではないか、と期待が高まっています。
 
コンセプトデザイナーのイアン・ゼルボ氏(@RendersbyIan)が公開したピル型パンチホールのiPhoneのコンセプト画像にも、よく見るとパーセント表示があるのが確認できます。
 


 
Apple専門メディアiMoreも、バッテリー残量のパーセント表示は“多くのユーザーが求めている機能”と述べており、頼むから復活させてくれとAppleに懇願しています。
 
 
Source:iMore
Photo:@RendersbyIan/Twitter
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる