Apple、人材確保のため一部のエンジニアに多額の株式ボーナスを支給 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、人材確保のため一部のエンジニアに多額の株式ボーナスを支給
2021年12月29日 09時13分

読了まで 25

Apple、人材確保のため一部のエンジニアに多額の株式ボーナスを支給

Apple Park AppleEvent 2020年11月


 
Facebookを所有するMetaなどのライバル企業への人材流出を防ぐため、Apple最大18万ドル(約2,066万円)の株式ボーナスを用意している、とBloombergが報じています。

非公開のボーナスは8万ドル、10万ドル、12万ドル相当が支給

Appleは先週、シリコン設計、ハードウェア、一部のソフトウェアとオペレーショングループの一部のエンジニアに、新たなボーナス通知を行いました。株式は4年間で権利が確定し、Appleに残留するインセンティブとなる見通しです。
 
このようなボーナスは予想外だったとされていますが、ボーナス額は5万ドル(約574万円)から、最大で18万ドルにおよぶとのことです。エンジニアの多くは、おおよそ8万ドル(約918万円)、10万ドル(約1,148万円)、12万ドル(約1,377万円)という金額で株を受け取ったと伝えられています。今回のボーナスは非公開で、成績優秀者にのみ管理職から提示されたものであるとのことです。

AppleとMetaの人材争奪戦

Appleはシリコンバレー企業をはじめとする企業と人材争奪戦を繰り広げており、特にMetaが脅威となっているそうです。同社はここ数カ月で約100人のエンジニアをAppleから雇い入れましたが、AppleもMetaから主要な従業員を引き入れています。
 
AppleとMetaの両社は、次の2年以内に新たな主要ハードウェアのリリースを控えており、仮想現実/拡張現実ヘッドセットスマートウォッチにおいて激しいライバル競争を行う可能性が指摘されています。

オフィス復帰が離職の原因に?

Appleの自動運転車プロジェクトのエンジニアが相次いで離職したと伝えられたのは12月上旬のことです。エンジニアたちは、空飛ぶタクシーを手掛けるスタートアップ企業へと転職しました。
 
Appleのオフィス復帰推しが従業員の離職を促しているとの見方もあります。Appleはスタッフの復帰期限を遅らせましたが、ライバル企業よりも対面での業務に重きを置いており、少なくとも週3日はオフィスで仕事をするよう求めています。
 
 
Source:Bloomberg via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる