2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    NY警察、AirTagを使ったストーカー事件が2件起きたとして警戒を呼びかけ

    AirTagの画像

    AirTagの画像
     
    大事なものを無くさないために使うべきAirTagが犯罪に使われているようです。
     
    ニューヨーク州バッファロー郊外の警察署が、2件のストーキングが疑われる事件にAirTagが使われたとして警戒を呼びかけています。

    AirTagを使ったストーキングが疑われる事件が2件発生

    WGRZの報道によると、2件のストーキングが疑われる事件にAirTagが使われたとのことです。
     
    1件目は、ある女性の車のバンパーにAirTagが貼り付けられているのが見つかったというものです。
     
    この女性はiPhoneからAirTagが一緒に移動しているという通知を受け、ニューヨーク州ウエストセネカ警察署に出向き、バンパーの下に貼り付けられたAirTagを発見しました。
     
    2件目では別の女性が同じ通知を受け取り警察署に行きましたが、AirTagは見つからなかったそうです。
     
    この2つの事件が関連しているとは考えられていませんが、ウエストセネカ警察署はAirTagを使ったストーカー事件に対する意識を高めたいとしています。
     
    Twitter上にも知らないうちにAirTagが車に貼り付けられていたという報告があります。

    自分のものでないAirTagが一緒に移動すると通知される

    これらの事件で知らないAirTagの発見に役立ったのは、AirTagのプライバシー機能です。
     
    これは、自分のものでないAirTagが一緒に移動していた時にiPhoneに通知が出るもので、他のGPSトラッカーにはない独自機能です。
     
    ただ、この機能はAirTagの場所を特定するための情報は出してくれず、それが誰のAirTagかもわかりません。
     
    同じようなことが自分の身に起こった場合は、警察に相談すると良いでしょう。
     
    ウエストセネカ警察署は上記の事件に対し、ストーキングを試みた人物の特定のため、Appleから記録を取り寄せたとしています。
     
    ストーカー事件のみならず、AirTagは車の盗難にも使われています

     
     
    Source: WGRZ via 9to5Mac
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次