Google、ChromeをWindows上で実測25.8%高速化した方法を発表 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Google、ChromeをWindows上で実測25.8%高速化した方法を発表
2021年12月14日 08時53分

読了まで 231

Google、ChromeをWindows上で実測25.8%高速化した方法を発表

Windows上で動作するChromeブラウザ


 
Webブラウザの中で最もシェアが高いGoogleChromeブラウザは、高速動作が人気の理由の1つといわれています。
 
GoogleはWindows版Chromeブラウザに導入した新しい高速化手法について説明をおこない、この改善により実測で起動時間が最大25.8%速くなったと発表しました。

隠れたウィンドウの動作を制限

この新しい高速化手法は、他のウィンドウの下に隠れたChromeブラウザの動作を制限するというものです。
 
これまでにもGoogleは、現在表示していないタブの動作や、最小化されたり画面外に存在したりするウィンドウの動作を制限することで、Chromeブラウザの高速化をおこなってきました。
 
しかしながら、Windows OSの制限から、Chromeブラウザが他のウィンドウに隠れているか直接確認する方法がなく、これまで他のウィンドウの下に隠れたChromeブラウザの動作を制限できなかったそうです。
 
一方で、Chromeブラウザが他のウィンドウに隠れているケースは20%近く存在し、そのような状態になったChromeブラウザの動作を制限することで高速化が実現できるとGoogleは考えました。

「Native Window Occlusion」プロジェクト

そこでGoogleは、「Native Window Occlusion」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げ、Chromeブラウザが他のウィンドウに隠れている状態を検出できるようにしました
 
マルチモニターや仮想デスクトップなど、考慮すべき複雑な要素が多く存在し、実現は難しかったといいます。
 
最終的には60fpsという高速なフレームレートでChromeブラウザが他のウィンドウに隠れているかどうか検出できるようになり、ユーザー体験を犠牲にすることなく高速化を実現できたとのことです。

Chromeブラウザの起動時間が最大25.8%高速化

この隠れたウィンドウの動作を制限することによる効果を計測したところ、以下のような効果が得られたそうです。
 

  • 起動時間が8.5%~25.8%高速化
  • GPUメモリ使用量が3.1%減少
  • 描画されるフレーム数が全体で20.4%減少
  • 描画によるクラッシュ発生回数が4.5%減少
  • 入力可能状態になるまでの遅延が3.0%改善
  • 最初のコンテンツ描画までの時間(FCP)およびメインコンテンツを見ることができるようになるまでの時間(LCP)が6.7%改善

 
起動時間やFCPが改善された理由は、Chromeブラウザ起動時に2つ以上のフルスクリーンウィンドウが復元されると、そのうち一方が隠れた状態になり、手前側のウィンドウの起動や描画にリソースを費やすことができるためです。
 
Chromeブラウザは2021年11月時点で64.06%のシェアを持ち、Webブラウザの中で最も多く使われています。

 
 
Source: Chromium Blog via Windows Latest
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる