2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    BOE、メタバースに着目したVR、AR、MR技術開発を加速

    Apple AR headset AD

    Apple AR headset AD
     
    LEDinsideが、中国BOEはメタバースに着目しており、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)技術関連製品の開発を加速していると報じました。

    VR、AR、MRデバイス向け製品開発を加速

    BOEが2021年11月26日に、同社のメタバースに対する投資家からの問い合わせに対し、提供中およぶ開発中のVR、AR、MR対応ディスプレイ製品群は、搭載デバイスにおいて現実世界と仮想世界をつなぐ基盤になると強調しました。
     
    BOEはVR、AR、MRデバイス向けに、高PPIのモニター、高リフレッシュレートの液晶ディスプレイ、超高解像度・高コントラストの有機EL(OLED)ディスプレイなどを提供しています。
     
    また、液晶ディスプレイ(LCD)コントラストとリフレッシュレート、輝度を向上させるためにミニLEDバックライトを搭載したディスプレイを開発しています。

    AppleのARデバイス用ディスプレイを供給すると噂

    BOEは、ミニLEDバックライト、2,880×2,880ピクセル、1,200ppiの3.2インチLCDを製造しています。
     
    また同社は、チップメーカーや光学メーカーと協力して0.7インチ・フルHDを開発、さらに5644ppiの超高解像度、120Hz以上のリフレッシュレートを実現するシリコンOLED(Si-OLED)も開発しています。
     
    BOEは将来的に、AppleのARデバイス用のマイクロOLEDディスプレイを供給すると噂されています。
     
     
    Source:LEDinside
    Photo:Appledsign/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次