2021年12月3日 10時21分

読了まで 135

プライバシー重視のメッセージアプリ「Signal」、アプリ内寄付プログラムを開始

signal


 
広告や投資家に依存しない、プライバシー重視のメッセージとして知られる「Signal」は、プラットフォーム運営をまかなうため、ユーザーから寄付を募る新たなプログラムを開始しました。

Apple Payでも支払い可能

Signalは、ユーザーがアプリ内で寄付を行うことができるアプリ内寄付プログラムの立ち上げをブログ投稿で発表しました。
 
ユーザーは、1回限りの寄付か毎月の寄付かを選ぶことができ、 Pay、Google Payなどで支払い可能となっています。

寄付によりバッジをプロフィールに付帯可能に

ユーザーはSignalに寄付を行うことで、自分のプロフィールにバッジを付帯することができます。
 
Signalによれば、サーバーはクライアントが支払いを行った人のリストに含まれているか否かの認証は行えるものの、どの支払いに対応するかはわからないため、ユーザーの匿名性は保たれるそうです。
 
なお寄付額は、5ドル、10ドル、20ドルから選択可能となっています。
 
 
Source:Signal via The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる