トップページ > iPhone6s Plus > iPhone6 Plus、2021年12月末でビンテージ製品入りへ
2021年12月2日 07時59分

読了まで 212

iPhone6 Plus、2021年12月末でビンテージ製品入りへ

iPhone6 Plus MacRumors


 
2014年に発売されたiPhone6 Plusが、2021年12月31日でビンテージ製品入りすることが分かった、と米メディアMacRumorsが報じています。

Appleによる販売店への供給終了から5年以上が経過

MacRumorsは、入手したAppleの内部文書から判明した情報として、iPhone6 Plusが2021年12月31日でビンテージ製品入りすることがわかったと伝えています。
 
Appleのビンテージ製品とは、Appleが販売店への供給を停止した日から5年以上7年未満の製品を指します。7年以上が経過するとオブソリート製品となり、Appleとサービスプロバイダによるハードウェアサービスが全て終了します。ただし、Macノートブックのバッテリーの修理に限っては期間延長が認められています。
 
iPhone6 Plusは2016年に販売が終了したものの、iPhone6は2018年までは一部の販売店での販売が継続されていたためビンテージ製品となる時期に違いがある、とMacRumorsは報じています。

デザインを刷新、初の大画面モデル

iPhone6 Plusは、iPhoneシリーズで初となる5.5インチの大画面モデルとして、4.7インチのiPhone6と同じく、2014年9月に発表・発売されたモデルです。
 
iPhone5sまでの直線的デザインから曲面を多用した外観へと刷新されたiPhone6とiPhone6 Plusは、アメリカでApple Payに初対応したモデルでもありました。なお、日本でのApple Pay対応は翌年のiPhone7/iPhone7 Plusから対応しています。
 
また、iPhone6 Plusは、薄くなったゆえに曲がりやすいとして「ベンドゲート」として騒がれたこともありました。なお、iPhone6s Plusでは強度が向上し、改善されています。

iOSのサポートはiOS12で打ち切り

Appleはすでに2018年にリリースしたiOS12で、iPhone6とiPhone6 Plusのサポートを終了しています。
 
現在最新バージョンのiOS15では、2015年9月発売のiPhone6s、iPhone6s Plus、2016年3月発売のiPhone SE(第1世代)以降のモデルがサポート対象とされています。
 
 
Source:MacRumors, Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる