2021年11月30日 18時51分

読了まで 21

第3回Apple Musicアワードの受賞者が判明〜日本からオフィシャル髭男dism

apple musicアワード 2021


 
「2021年のベストアーティストと、彼らのグローバルカルチャーへの影響力」をテーマに、今年もアワードを発表しました。2021年が3回目となります。

オリビア・ロドリゴが三冠

Apple Musicアワードは、Apple Musicの編集者の視点とユーザーの視聴回数の両方を総合的に踏まえて、アーティストの選出が行われます。今年のグローバル・アーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのはザ・ウィークエンド(The Weeknd)、ブレイクスルー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーはオリビア・ロドリゴとなりました。
 
The Weekndは1990年生まれ、Olivia Rodrigoは2003年生まれと、比較的若いアーティストが選ばれているのが特徴です。とくにオリビア・ロドリゴはデビューアルバム「SOUR」でアルバム・オブ・ザ・イヤー、楽曲“drivers license”でシングル・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。ソングライター・オブ・ザ・イヤーは、H.E.R.がアルバム「Back of My Mind」で受賞しました。
 

The Weeknd

apple musicアワード 2021
 

オリビア・ロドリゴ

apple musicアワード 2021
 
ちなみにApple Musicアワードで3つの賞を同時受賞した先輩に、世界的なトップアーティストとなったビリー・アイリッシュがいます(第1回)。それだけにオリビア・ロドリゴの今後の活躍がより楽しみになるところです。
 
なお、今年のApple Musicアワードから、5つの国・地域とアーティストを表彰するリージョナル・アーティスト・オブ・ザ・イヤーのカテゴリーが追加されています。対象となるのはアフリカ、フランス、ドイツ、日本、ロシアで、日本からはオフィシャル髭男dismが選出されました。
 
Appleによる受賞イベントの様子は、2021年12月7日に同時ストリーミング配信される予定です。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる