トップページ > 最新情報 > Apple、iPhone修理用部品のユーザーへの直接販売はしない方針と判明
2021年11月24日 13時29分

読了まで 21

Apple、iPhone修理用部品のユーザーへの直接販売はしない方針と判明

Apple Self Service Repair セルフサービス・リペア 修理


 
Appleが発表した、ユーザーがiPhoneなどを修理できるよう部品を供給する「セルフサービス・リペア・プログラム」向けの修理用部品は、Appleによる直接販売ではなくサードパーティー企業が担当することがわかった、と米メディアMacRumorsが報じています。

修理用部品はApple直接販売ではなくサードパーティー企業が担当

Appleは先日、ユーザーがiPhoneやMacを修理できるよう部品や修理用ツールを提供するセルフサービス・リペア・プログラム」を発表しましたが、部品などの供給方法について詳細は明らかにされていませんでした。
 
米メディアMacRumorsが、入手したAppleの内部向け文書から判明した情報として、製品の修理マニュアルはAppleのサポートWebサイトに掲載され、ユーザーが修理に必要な部品を確認できるようになる、と報じています。
 
また、同プログラム向けの修理用部品はAppleが直接販売するのではなく、サードパーティー企業が販売や回収を担当する模様です。サードパーティー企業は1社のようですが、具体的な企業名は不明です。

iPhone12、iPhone13、M1 Macから対応

Appleは、「セルフサービス・リペア・プログラム」を当初はiPhone12シリーズ、iPhone13シリーズから提供し、後日M1 Macにも拡大すると発表しています。
 
2022年初頭にアメリカで開始し、他の国・地域には2022年中に拡大する計画とのことです。
 
これまで、ユーザーによる修理を事実上不可能としていたAppleの方針は「修理する権利」の観点からアメリカ政府機関からも厳しい目が向けられていました
 
各種ガジェットの分解レポートで知られ、iPhoneなどの修理用パーツを販売しているiFixitは、Appleの大きな方針転換を歓迎する一方で、さらに利用しやすくする必要があるとコメントしています。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる