トップページ > 最新情報 > 誤飲したAirPodで胃の中の音が録音されていた
2021年11月22日 07時31分

読了まで 149

誤飲したAirPodで胃の中の音が録音されていた

AirPods(第3世代) AirPods Pro


 
AirPodを鎮痛剤と間違えて飲み込んでしまった女性が、その顛末を警告の意味を込めて、TikTokで動画を公開しています。

鎮痛剤と間違えて…

米ボストン在住のTikTokユーザー、@iamcarliiibさんはTikTok動画のなかで「ベッドに潜り込んだ時、右手にはイブプロフェン800(鎮痛剤)、左手には左耳用のAirPodを持っていたの」と語っています。
 
そして口の中に薬を放り込み、ペットボトルから水を飲んだところで、飲み込んだものが薬ではなく、AirPodだったことに気づいたそうです。「吐き出そうとしたけれど、出てこなかった」
 
その後無事AirPodは体内から排出されましたが、「二度とAirPodsは使わない」と語っています。念のためレントゲンで、体内に何も残っていないことを確認したそうです。

胃の中の音が録音されていた

@iamcarliiibさんがAirPodを誤飲して、慌てて友人に電話をかけた時、そのAirPodは彼女のiPhoneと同期した状態でした。
 
そのときに友人に送った音声メモには、AirPodが録音した@iamcarliiibさんの胃の中の音が入っていたそうです。
 
AirPods誤飲事件は過去にも何度も報告されています。
 
2020年には7歳の子どものAirPods誤飲事件、2021年2月には就寝中に知らずにAirPodsを飲み込んでしまった事件が起きています。

 
 
Source:TikTok(1), (2) via AppleInsider
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる