2021年11月7日 23時51分

読了まで 149

Xiaomi、中国農村部に2万店の小売店舗を次の3年間でオープン予定

xiaomi 店舗


 
は世界一のスマートフォンベンダーになるための計画の一環として、農村部に2万店の新たな小売店舗を次の3年以内に開店予定である、と明かしました。

下層都市や小都市を中心に店舗を展開

Xiaomi Group Chinaの上級副社長であり、Redmiのゼネラルマネージャーのルー・ワイビン氏は中国のソーシャルメディアWeiboのブログ投稿の中で、国内市場はXiaomiにとって“ベースキャンプ”であり、中国市場の約70%を閉める中国の地方にある下層都市や小都市での新店舗のオープンに力を入れる、と発表しました。
 
Xiaomiは現在約1万店の小売店舗をすでに構えていますが、今後3年間で2万店を新たに展開することを目指しています。

パーツ不足とヨーロッパでの評価が鍵に

Xiaomiは2021年第3四半期(7月〜9月)、4,444万台のスマートフォンを出荷し、1位の(4,800万台)に迫りくる勢いですが、世界ナンバーワンベンダーとなるためには世界的な半導体不足と、ヨーロッパでの評価という課題をいかに乗り越えられるかが鍵になってきそうです。
 
リトアニア政府はXiaomiのデバイスに検閲機能があると発表しており、その他のヨーロッパ諸国もこれに対して本格的な調査に乗り出しています。Xiaomiはユーザーの検閲を行うことはないと主張しており、疑惑を否定しています。
 
 
Source:South China Morning Post, Counterpoint Research
Photo:Raysonho/Wikimedia Commons
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる