2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Google Pixel 6のページがFuchsia OSへの将来的な移行を示唆?

    Google Pixel 6 series

    Google Pixel 6 series
     
    Notebookcheckが、Google Pixel 6シリーズの製品ページでAndroidに全く触れられていないのは、新しいOS、Fuschiaの未来を示唆している可能性があると伝えています。

    Androidへの言及がない製品紹介ページ

    Notebookcheckは、Google Pixel 6シリーズの製品ページではTensorチップや高リフレッシュレートのディスプレイ、カメラなどの主要な機能が紹介されていますが、Androidへの言及は全くと言って良いほどなく、OSという言葉すら使っていないと指摘しています。
     
    対して、iPhone13シリーズおよびiPhone13 Proシリーズの製品ページは、製品の特徴に加えiOS15についても詳しく取り上げているとし、Googleは単にAndroidの説明を省略したのではなく意図的に触れていないと、同メディアは推察しています。

    将来的にPixelシリーズに独自のOSを搭載?

    その理由としてNotebookcheckは、Googleは将来的にPixelシリーズに独自のOSを搭載し、差別化を進めようとしている可能性があると予想しています。
     
    Googleは、Linuxではなく、Zirconと呼ばれるカスタムマイクロカーネルをベースにした、よりモダンなOSであるFuchsiaを開発、第1世代の「Google Nest Hub」のアップデートとして提供しており今後の展開も予想されることから、Pixelシリーズが同OSに移行することもあり得るとNotebookcheckは考えています。
     
    【追記】Pixel 6シリーズの製品ページには、その後Androidの表記が数カ所記されていることがわかりました。

     
     
    Source:Notebookcheck, Fuchsia/Wikipedia
    Photo:Google
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次