2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Windows 11の設定やSnipping Toolなどがクラッシュする問題が発覚

    Windows 11のデスクトップ

    Windows 11のデスクトップ
     
    Windows 11に新たな不具合が見つかりました。
     
    設定やSnipping Toolなどのアプリがクラッシュするというもので、デジタル証明書の期限切れに起因しているとのことです。

    Snipping Toolが開けないというエラーが多数報告

    Windows Latestによると、Windows 11Snipping Toolが「このアプリは開けません」というメッセージとともにクラッシュするという問題が多数報告されているとのことです。
     
    Windows 11のSnipping Toolがクラッシュ
     
    このクラッシュはMicrosoftのデジタル証明書が失効したことによるものとされています。
     
    Microsoftのサポート担当者は、「現在調査中の問題であり、まもなく修正される予定」としています。

    日付を一時的に修正することで解決

    この問題は、システムの日付を一時的に修正することで解決するそうです。
     
    設定の時刻と言語→日付と時刻から、「時刻を自動的に設定する」を無効にし、日付を10月31日以前に変更します。
     
    その後、最新の日付に戻すことでほとんどの場合は問題が解決するそうです。
     
    また、Windows 11に以前のバージョンからアップグレードした場合は、Windows.old/Windows/System32にあるSnippingTool.exeを使うことで、古いSnipping Toolが問題なく利用可能です。

    Snipping Tool以外でも発生?

    この問題はSnipping Tool以外でも起こるという報告もあります。
     
    設定、クリップボード、絵文字パネル、タッチキーボードなどのアプリを開こうとすると頻繁にクラッシュするとされています。
     
    これらもSnipping Toolと同じく、デジタル証明書の期限切れに伴うバグのようです。
     
    Microsoftはこれらのアプリがクラッシュする問題を認識していると述べており、修正プログラムがリリースされる予定です。
     
    Windows 11については、コンテキストメニューを開くのが遅いという不具合も新たに確認されています。

     
     
    Source: Windows Latest (1), (2)
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次