2021年10月28日 09時21分

読了まで 155

Apple、「Safari Technology Preview 134」を公開

Safari Technology Preview 134


 
は現地時間10月27日、 134を開発者向けにリリースしました。

バグ修正とパフォーマンスの改善

Safari Technology Preview 134には、Web Inspector、CSS、CSS Font Loading API、スクロール、レンダリング、Dialog Element、WebAssembly、JavaScript、Web API、WebGL、メディア、WebRTC、アクセシビリティ、Private Click Measurement、Web Extensionsに関するバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。
 
最新バージョンは、macOS Big Sur及びmacOS Montereyの両方に対応しています。
 
旧ブラウザを使用しているユーザーであれば、システム環境設定の「ソフトウェア・」より最新バージョンのダウンロードが可能です。なお、Safari Technology Preview 134の完全なリリースノートは、Safari Technology PreviewのWebサイトより確認できます。
 
Appleは、Safari Technology Previewにおいて、開発者とユーザーからブラウザ開発プロセスに関するフィードバックを収集することを目的としています。既存のブラウザと並行して実行することができ、開発者向けに設計されていますが開発者アカウントがなくともダウンロードが可能です。
 
なお同日、iOS15.2、iPadOS15.2、watchOS8.3、tvOS15.2の各ベータ1が、開発者向けにリリースされています。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(m7000)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる