2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    5G対応Snapdragon 695など、ミドルレンジ向けに複数のチップが発表

    Snapdragon 695

    Snapdragon 695
     
    Qualcommが、ミドルレンジスマートフォン向けの複数のチップを発表しました。

    ミドルレンジ向け5Gミリ波対応チップを発表

    Qualcommが、Snapdragon 778G Plus、695、680、480 Plusを発表しました。
     
    この中で最も重要な製品はSnapdragon 695と、Gizchinaが説明しています。
     
    Snapdragon 695はSnapdragon 690の後継で、新たに5Gサブ6GHzとミリ波をサポートします。
     
    これにより、ミドルレンジのスマートフォンにおいても高速通信が可能な5Gミリ波対応が加速すると期待されます。
     
    また、Snapdragon 695は性能も向上しており、Snapdragon 690と比べてCPUパフォーマンスが15%向上し、グラフィックスレンダリングが30%高速になったとQualcommは案内しています。

    他の3つの新チップ

    Snapdragon 680は、Snapdragon 695と同じ6nmプロセスで製造された新しい4G LTE専用チップです。
     
    残りの2つのチップは、Snapdragon 778Gを強化したSnapdragon 778G Plusと、Snapdragon 480をアップグレードしたSnapdragon 480 Plusです。
     
    Snapdragon 778G PlusはCPUの動作周波数が2.4GHzから2.5GHzに、Snapdragon 480 Plusは動作周波数が2.0GHzから2.2GHzに向上しています。
     
     
    Source:Gizchina, The Verge
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次