2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Mac版「iMovie」バージョン10.3が公開、新MacBook Proに最適化

    iMovie for Mac

    iMovie for Mac
     
    Appleは10月19日、無料で提供している動画編集アプリ「iMovie」のアップデートを公開しました。iPhone13シリーズで撮影したシネマティックモードビデオの編集に対応し、新しいMacBook ProのM1 ProとM1 Maxへの最適化が行われています。

    シネマティックモード動画の編集に対応

    Appleは、新しい14インチと16インチのMacBook Proに搭載されるM1 Pro、M1 Maxプロセッサに最適化した「iMovie」のバージョン10.3を公開しました。
     
    iMovie for Mac
     
    10月26日に正式版が公開されるmacOS MontereyのインストールされたMacでは、iPhone13シリーズで撮影されたシネマティックモードの動画を編集できるようになります。
     
    iMovie for Mac
     

    リリースノートはこちら

    「iMovie」バージョン10.3のリリースノートは以下のとおりです。
     
    シネマティックモード

    • iPhone13のシネマティックモードで撮影されたビデオを編集(macOS Montereyが必要)
    • インスペクタのシネマティックコントロールを使用して、被写界深度エフェクトの強度を変更
    • ビューアで顔やその他のオブジェクトを選択することで、それに焦点を合わせることを選択
    • ビデオタイムラインで焦点ポイントを表示および削除

     
    Appleシリコン用に最適化

    • 新しいMacBook ProのM1 ProおよびM1 Maxに合わせた最適化により、パフォーマンスと効率が向上

     

    Final Cut、Logic Proもアップデート

    Appleは、高機能動画編集アプリFinal Cutと音楽制作アプリLogic Proのアップデートも発表しています。
     
    Final Cutも、iPhone13シリーズで撮影したシネマティックモードの動画編集に対応するほか、M1 ProとM1 Maxへの最適化により8K動画もスムーズに編集できるようになっています。
     
    音楽制作アプリLogic Proでは、ドルビーアトモス(Dolby Atmos)による空間オーディオに対応した楽曲を制作可能になっています。
     
     
    Source:Mac App Store via MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次