トップページ > 最新情報 > Facebook、ヘイトスピーチの「まん延率」が0.05%に減少したと発表
2021年10月18日 02時54分

読了まで 20

Facebook、ヘイトスピーチの「まん延率」が0.05%に減少したと発表

facebook


 
SNS大手のFacebookは現地時間10月17日、同社の取組により、Facebookにおけるヘイトスピーチの投稿が半減し、まん延率が0.05%となったと発表しました。

Facebookがヘイトスピーチのまん延率を公開

Facebook _chart-1
 
Facebookによると、同社はヘイトスピーチを自動検出するシステムを運用しており、担当による内容確認等を経て、投稿の削除等を実施しています。
 
同社によると、Facebook上でヘイトスピーチの投稿が行われ、ユーザーが閲覧できる状態となる「まん延率」は2021年第2四半期(4月~6月)に0.05%となりました。
 
2020年第3四半期のまん延率は0.10%~0.11%だったため、Facebookはシステムの運用等により9カ月でまん延率を半減させることができたと主張しています。
 
なお、システムに用いる人工知能(AI)の改善および拡張が、ヘイトスピーチのまん延率の低下に貢献した模様です。
 
2016年からヘイトスピーチ等の投稿を削除する取組が行われており、開始当初は、削除対象の検出の大部分はユーザーからの通報に依拠していましたが、現在ではFacebookが運用するシステムによる検出が97%に達しています。

リーク情報に対抗か

10月上旬には、Facebookのプロダクトマネジャーを務めた元社員が内部資料をリークし、同社が利益を優先してユーザー保護を怠っていると告発しており、Facebookを批判する声が高まっています。
 
Facebookは今回のプレスリリースにおいて、「リークされた社内文書のデータ」により、同社の取組が不適当であり、隠ぺいが行われていると指摘されていると言及し「それは真実ではない」と反論しました。
 
今回の発表により、ヘイトスピーチのまん延を積極的に防いでいることを示し、ユーザー保護を重視している姿勢をPRする狙いがあるのかもしれません。
 
 
Source:Facebook
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる