2021年10月17日 19時05分

読了まで 149

Apple、中国のApp Storeから人気の「コーラン」アプリを削除

quran majeed


 
が、人気のコーランQuran Majeed」をから取り下げたことがわかりました。アプリは中国当局からの要請により削除された模様ですが、詳しい理由は明らかになっていません。

違法コンテンツを含んでいた?

“世界中の3,500万人のイスラム教徒から認知されている”コーランアプリ「Quran Majeed」を開発したのは、パキスタンのソフトウェア開発会社Pakistan Data Management Servicesです。
 
同社によれば、AppleはQuran Majeedを“違法なコンテンツを含んでいた”との理由で削除したとのことです。アプリ会社はこの判断は不当であるとして、現在中国サイバースペース管理局に掛け合っているようです。

ウイグル人の弾圧と関係か

中国当局は、新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数ウイグル人グループのジェノサイドを行っているとかねてから報じられていますが、コーランアプリの取り下げがこの動きと関連している可能性を、英BBCは指摘しています。
 
サプライチェーンが大きく中国に依存していることもあり、Appleは中国政府に対しては日和見主義的な態度を一貫しています。
 
BBCがAppleにコメントを求めたところ、同社の人権方針に関する資料へと導かれたとのことです。同資料には、「当社は現地の法律を遵守する必要があり、時には政府と意見が合わない複雑な問題があることもあります」と記されています。
 

 
 
Source:BBC via The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる