トップページ > iPhone X > USB-Cポート搭載のiPhoneを作った強者が登場
2021年10月12日 05時19分

読了まで 150

USB-Cポート搭載のiPhoneを作った強者が登場

usb-c iphone


 
iPhoneの充電ポートは、近いうちにLightningからUSB-Cへと切り替わるともいわれていますが、時代を先取りし、USB-Cポートを搭載したiPhoneをすでに作ってしまった強者が現れました。

C94コネクタをリバースエンジニアリング

“世界初のUSB-C搭載iPhone”と名付けられたYouTube動画が、ケン・ピロネル氏により公開されました。同氏は、iPhone XのLightningポートをUSC-Cポートに置き替えることに成功した模様です。
 
動画の説明には、“Apple C94コネクタをリバースエンジニアリングして、USB-Cポートのメスを搭載した独自のPCBを作った”と記されています。回路図を設定しテストを行い、iPhoneの中に埋め込むことで、無事USB-C搭載iPhoneが完成したとのことです。
 

 
ピロネル氏は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校でロボット工学の修士号を取得しており、ブログ投稿には「現在インターンシップの機会を探している」とあることから、自身のプロモーションを含めて今回のプロジェクトに臨んだのかもしれません。
 
今回の動画は、スコッティ・アレン氏のYouTubeチャンネル「Strange Parts」が行った、iPhone7へのイヤホンジャック搭載チャレンジを彷彿させます。アレン氏は以前、USB-CのiPhoneへの搭載可能性も吟味していたようですが、ピロネル氏が同氏の野望を先に叶えた形となりました。
 
 
Source:KEN PILLONEL via AppleInsider
Photo:Kenny Pi/YouTube
(lexi)

カテゴリ : iPhone X, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる