トップページ > 最新情報 > iPhoneのカメラでブルーライトを可視化できるアプリがリリース
2021年10月5日 18時54分

読了まで 158

iPhoneのカメラでブルーライトを可視化できるアプリがリリース

iPhoneのカメラでブルーライトを可視化できるアプリがリリース


 
機能性アイウェアを販売する404Eyewearは10月5日、スマホのカメラでブルーライトを可視化できるアプリ「ブルーライトチェッカー」のiOS版を提供開始しました。iPhone8以降の端末で利用することができます。

ブルーライトチェッカーの機能

ブルーライトチェッカー」は、PCやスマホ画面、LED照明などのブルーライトを可視化、診断、学習できる無料アプリです。iOS版は、iOS14.1以降をインストールしたiPhone8以降に対応しています。なお、iPhone XS、iPhone XS Maxは、iOS12.3.1以降で利用することができます。
 

機能①ブルーライトを可視化

 
機能①ブルーライトを可視化
 
スマホのバックカメラで計測したい製品を撮影することにより、ブルーライトに該当する色が着色表示されます。部屋の中をスキャンすることでブルーライトを発している器具を見つけたり、ダークモードにすることでどの程度ブルーライトがカットされるのかを調べたりすることができます。
 

機能②ブルーライト診断

 
機能②ブルーライト診断
 
スマホやPCなどから放出されるブルーライトをスコア化し、そのブルーライトを浴びた場合に起こりうる影響や対策方法などを知ることができます。
 

機能③ブルーライトについて学ぶ

 
機能③ブルーライトについて学ぶ
 
「ブルーライトは何が問題なのか?」を学ぶことができます。
 
なお、本アプリはブルーライトの簡易診断をするためのアプリです。医療機関の診断に代わるものでない点はご注意ください。
 

ブルーライトチェッカーブルーライトチェッカー
カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
 
Source:404Eyewear
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる