2021年10月3日 09時48分

読了まで 156

Realmeの好調の要因は価格コントロール~5Gスマホを安く販売

Realmeのスマートフォン


 
メーカーであるRealmeは、史上最速で1億台の出荷台数を達成するなど、好調を維持しています。
 
この好調の要因は、価格コントロールであるとの分析結果が出てきました。

他の中国メーカーに比べても安い価格設定

調査会社のStrategy Analyticsは、中国の主要メーカーであるRealme、が販売するスマートフォンの平均販売価格を調査しました。
 
それによると、5G通信対応で128GBのストレージを持つスマートフォンの、世界での平均販売開始価格は以下のようになっているとのことです。
 
中国メーカーの5Gスマホ販売価格
 
Realmeは2020年第1四半期(1月~3月)以降、一貫して最も低い価格を維持しています。

発売後の価格コントロールも積極的

Realmeはまた、発売後の価格コントロールも積極的におこなっています。
 
たとえば、Realme X50 Proの128GBモデルは、2020年第2四半期(4月~6月)に平均価格約700ドル(約77,754円)で発売されましたが、2021年第3四半期(7月~9月)には170ドル(約18,883円)まで値を下げました
 
こうした価格コントロールによりRealmeは好調を維持しているとみられます。
 
Realmeは史上最速で累計出荷台数1億台を達成したことや、2021年第2四半期(4月~6月)に世界第6位のスマートフォンメーカーとなったことを発表しています。
 
RealmeはOPPOグループの一員であり、OPPOグループとしては2021年4月と5月に世界第2位のスマートフォン出荷台数を記録しました。

 
 
Source: Strategy Analytics
Photo: Pexels
(ハウザー)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる