2021年10月1日 08時20分

読了まで 157

Apple、「Safari Technology Preview 133」を公開

Safari Technology Preview


 
Appleは現地時間9月30日、Safari Technology Preview 133を開発者向けにリリースしました。

バグ修正とパフォーマンスの改善

Safari Technology Preview 133には、CSS、CSS Cascade Layers、CSS Font Loading API、アクセシビリティ、JavaScript、Web API、WebRTC、メディア、WebGL、Web Extensions、及びApp Extensionに関するバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。
 
現在リリースされているSafari Technology Previewは、macOS Montereyに搭載されるSafari15に基づいて構成されており、いくつかのSafari15の機能が含まれます。「タブ・バー」「タブ・グループ」などの新機能が追加され、Web拡張機能のサポートが強化されています。
 
Live Textでは、Web上の画像内のテキストを選択して操作することができますが、macOS Montereyベータ版とM1 Macが必要です。また、重要な情報やアイデアを覚えておくためのリンク、及びSafariのハイライトを追加できるQuick Notesにも対応しています。
 
その他にも、WebGL2のサポート、HTML、CSS、JavaScriptの新機能などが追加されています。

macOS Big SurとmacOS Montereyにも対応

最新バージョンは、macOS Big Sur及びmacOS Montereyの両方に対応しています。
 
Safari Technology Previewは、開発者向けに設計されていますが、開発者アカウントがなくても、誰でもダウンロードが可能です。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(m7000)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる