Windows 11、古いパソコンでアップデート可能も権利放棄に同意が必要?

    Windows 11の画像

    Windows 11の画像
     
    10月5日にリリースが予定されているWindows 11は、システム要件が厳しく、かなり新しいパソコンでないとその要件を満たすことができません。
     
    しかしながら、システム要件を満たさない古いパソコンでもアップデートができる可能性があります。ただし、「権利放棄」への同意が必要かもしれません。

    Windows 11のベータ版で権利放棄への同意が要求される

    The VergeがWindows 11のベータ版を使い、システム要件を満たさない古いパソコンをアップデートしようとしたところ、以下のようなメッセージが表示されたそうです。
     
    Windows 11の権利放棄に関するメッセージ
     
    このメッセージには、アップデートしようとしているパソコンが最低システム要件を満たしておらず、Windows 11を動作させたときの互換性の問題が発生する可能性が述べられています。
     
    また、Windows 11をインストールすることで保証が無くなり、アップデートを受け取る権利を失うことも書かれています。
     
    そして、同意ボタンを押すことで、ここに書かれたメッセージを読み、理解したことを認めることになるとのことです。
     
    「アップデートを受け取る権利を失う」というのが、Windows 11のアップデートのことなのか、パソコンそのものの機能に関することなのかは不明です。
     
    The Vergeはこの権利放棄についてMicrosoftに問い合わせたそうですが、今のところ回答がないとしています。
     
    また、権利放棄に同意することで古いパソコンをWindows 11にアップデートできるのは、ベータ版のみなのか、正式版でも同じなのかについても不明です。

    PC正常性チェックアプリでシステム要件を満たしているかどうか確認可能

    自分のパソコンがWindows 11の最低システム要件を満たしているかどうかについては、先日正式版が再リリースされたPC正常性チェックアプリで確認できます
     
    Windows 11は10月5日に提供開始される予定です。
     
    ただし、新機能の1つであるAndroidアプリのサポートは2022年10月になるとされています。

     
     
    Source: The Verge
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次