トップページ > iOS > iOS15でFace IDのセキュリティ向上 3D複製技術による突破を防止
2021年9月21日 14時04分

読了まで 145

iOS15でFace IDのセキュリティ向上 3D複製技術による突破を防止

Face ID


 
AppleはiOS15Faca IDの脆弱性を改善したと発表しています。これまでのFace IDでは3D複製技術によって作られたユーザーの顔の立体モデルでFace IDを突破できる可能性があったとのことで、iOS15ではこのような突破を防ぐ措置を講じたとしています。

原始的な方法

Face IDはユーザーの顔の特徴を数値化し、本当にそっくりな双子でないと他者のFace IDを突破できないとされています。しかし顔の立体モデルを作り、その模型をセンサーに読み取らせることでFace IDを突破できる脆弱性があったとAppleが認めています。また同時にiOS15ではこの方法での突破は不可能になったと発表しています。
 
Face ID
 
顔の精巧なモデルを作ることは専門の技術さえあれば難しいことではなく(もちろん複製されるユーザーが抵抗できない状態にされる必要はあります)、Appleの最高の技術で構築されたセキュリティも原始的な方法で突破できたことになります。iOS15でどのような方法でこの複製による突破を防ぐかをAppleは公表していませんが、顔の微妙な動きを検知する機能などを組み込んだのかもしれません。
 
iOS15にはこれ以外にもユーザーの個人情報を守るプライバシー機能が盛り込まれています。これからもAppleはより厳重にユーザーの情報が不用意に外部に漏れないよう、iPhone、iOSを進化させていくと考えられます。
 
 
Source:iMore
(KAZ)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる